ここから本文です

【熊本地震】「逃げるのは弱いこと?」県外に避難した、ある家族の葛藤

BuzzFeed Japan 4/16(日) 6:30配信

2度の大きな揺れが人々を襲った、熊本地震。一時は最大18万人以上が避難者となり、避難所だけに収まりきらずに、公園やスーパーマーケットの駐車場にも人が溢れかえった。手段は、ほかになかったのか。熊本に残らず、「県外一時避難」を選んだ家族がいた。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

【写真】あれから1年、被災地はどう変わったのか。いまの様子と比べてみると…

多くは車で過ごさざるを得ず、エコノミークラス症候群や余震によるストレスを原因とした車中泊後の関連死が相次いだ。共同通信によると、その数は41人に上る。

逃げるという選択

「『残る=がんばっている』が正しいというような空気感があったんです。悪いことをしているような気持ちになってしまって。でも、避難は良い選択だったと今は思っています」

2016年4月16日の本震当日、家族で県外に避難することを選んだ男性(30代)は、BuzzFeed Newsの取材にそう語る。

教育関係の仕事につく妻(30代)と娘(2)と3人で熊本に暮らす。

決して、熊本にとどまった人たちから好意的に捉えられたわけではなかった。後ろめたさや息苦しさを感じることもあったという。

「逃げることは、弱いことじゃない。選択肢のひとつなんです」

そう思えるようになるまでの1年間、男性と家族はどんな選択をしてきたのか。

心に傷が残るんじゃ…

2016年4月14日。

最大震度7の前震が起きたとき、男性は妻と娘と家にいた。幸いにして大きな被害はなく、水やガスや電気は通じたままだった。車を持っていなかったため、そのまま家にとどまることにした。

「でも、余震はすごかった。これはまた大きいのが来るなと感じて、避難の準備を進めました。ご飯を大量に炊いて、おにぎりをつくって、お風呂などに水を貯めて、靴やバッグを用意しました」

その「嫌な予感」は当たった。4月16日未明、前震とは「レベルの違う揺れ」が再び襲った。

「3人で寝室にいたんです。あの瞬間は死ぬかと思いましたね。家人と2人して娘に覆いかぶさって、なんとか守ろうと必死でした」

近所の小学校にすぐ避難をした。体育館は危険だということで眠る場所がなく呆然としていたところ、隣人が「うちの車で寝ていいですよ」と言ってくれた。

当時1歳だった娘は、母親からずっと離れなくなった。余震のたびに怖がり、ストレスからか、奇声をあげるようにも。

「それを見て、命に関わらなくても、この子の心に傷が残るんじゃないかって思ったんです。家のことや、妻の仕事のこともありましたが、子どもと何かを天秤にはかけられないですよね」

妻の実家のある関西地方に、ひとまず避難をしようと決めたのはこの時だ。

1/4ページ

最終更新:4/17(月) 17:41

BuzzFeed Japan