ここから本文です

イースターに食べたい! セレブが作る、卵レシピをお披露目

ELLE ONLINE 4/16(日) 11:30配信

今年のイースターは、4月16日(木)。定番イベントのイースターエッグハントにちなんで、今回はセレブご自慢の卵をメインにしたレシピをご紹介。シンプルだけど極めると深い卵料理。セレブたちのこだわりの一品とテクニック、是非試してみて!

グウィネス・パルトロウ

主宰するサイト「GOOP」で、“完璧な朝食メニュー”として卵料理を推薦しているグウィネス・パルトロウ。

「目玉焼きサンドイッチ」
熱したフライパンに削ったグリュイエールチーズを丸く置き、火を通す。とろけてきたらその上に卵を落とす。塩こしょうで味付け、卵が好みの硬さになるまで火を通して目玉焼きの完成。これをカリカリに焼いたベーコンと一緒に、トーストしたパンにのせ、上からルッコラなど好みの野菜をトッピングして出来上がり! 
 
「ケールとキヌアのブレックファーストボウル」
熱したフライパンでケールを炒め、塩こしょうで味付けしたら、そこに茹でたキヌアを入れて軽く混ぜる。最後にミニトマトやねぎ、ワインビネガーを入れて少し火を通して止める。ボウルに盛ったら、お好みの硬さに仕上げた目玉焼きをのせて完成!

ちなみにグウィネスにとって、卵料理は二日酔いの朝にぴったりな食べ物。この日はホテルのブランチでポーチドエッグをチョイス! 「#この年齢でこのレベルの二日酔いはありえない(#toooldforthislevelofhangover)」とハッシュタグが!

メーガン・マークル

ヘンリー王子の熱愛のお相手として注目を集めるメーガン・マークル。彼女が主宰するライフスタイルサイト「The Tig」では、イースターにぴったりのキャセロール料理を紹介中。

「ポテトとハムのキャセロール」

「ポテトとハムのキャセロール」
キャセロール型1個分の材料は、卵12個、冷凍ポテト350g、生クリーム&牛乳を混ぜたもの2カップ、シュレッドチェダーチーズ1と1/2カップ、シュレッドジャックチーズ1と1/2カップ、ハムやベーコン2カップ、ミックスベジタブル2カップ、塩こしょう。キャセロール型に油を敷いたらポテトを半量入れる。塩こしょうを振り、その上に溶いた卵、生クリーム&牛乳、塩、チーズ2種、ハム、ミックスベジタブルを入れる。残りのポテトを入れ、表面をアルミホイルでカバーしたら2時間以上冷蔵庫で休ませる。ホイルをしたまま約170℃に余熱したオーブンで90分焼く。10分冷ましたら切り分けて召し上がれ! ミックスベジタブルやハム、ベーコンはお好みでアレンジしても大丈夫。

「アボカドエッグ」
もっと手軽なものを! という人にはこのレシピがおすすめ。皮がついたままアボカドを半分にカット。次に種部分をくり抜き、大さじ2杯分の果肉を取り除きくぼみの形を整える。アボカドを耐熱性のお皿において、くぼみに目玉焼きのように卵を流し入れる。塩こしょうを振って200℃に余熱したオーブンで15~20分焼いたら完成。お好みでパセリなどを散らして、出来上がり!

1/2ページ

最終更新:4/16(日) 11:30

ELLE ONLINE