ここから本文です

竹内研人と守谷総一郎が複で今季初優勝 [ジャカルタ/男子テニス]

4/16(日) 8:00配信

THE TENNIS DAILY

 ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「Combiphar インドネシア・オープン」(インドネシア・ジャカルタ/4月3~9日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)のダブルス決勝で、第3シードの守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)/竹内研人(北日本物産)が第1シードのジャスティン・バルキ/クリストファー・ルンガット(ともにインドネシア)を6-4 3-6 [11-9]で下して優勝を果たした。試合時間は1時間9分。

 ふたりはシングルスにも出場していたが、第6シードの竹内が1回戦でジョナサン・グレイ(イギリス)に6-4 6-7(3) 3-6で、守谷は準々決勝で第3シードのマックス・パーセル(オーストラリア)に1-6 4-6で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、SEはスペシャル・イグザンプト

     ◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス準々決勝】

●13守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)1-6 4-6 ○9マックス・パーセル(オーストラリア)[3]

------------

【シングルス2回戦】

○13守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)6-4 6-2 ●16アレハンドロ・タビロ(チリ)[8]

------------

【シングルス1回戦】

●17竹内研人(北日本物産)[6] 6-4 6-7(3) 3-6 ○18ジョナサン・グレイ(イギリス)[SE]

○13守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)6-4 6-0 ●14ジャオ・リンシ(中国)[WC]

------------------------

【ダブルス決勝】

○12守谷総一郎/竹内研人(MTSテニスアリーナ三鷹/北日本物産)[3] 6-4 3-6 [11-9] ●1ジャスティン・バルキ/クリストファー・ルンガット(インドネシア)[1]

------------

【ダブルス準決勝】

○12守谷総一郎/竹内研人(MTSテニスアリーナ三鷹/北日本物産)[3] 6-4 6-4 ●13ジェイク・デラニー/マックス・パーセル(オーストラリア)

------------

【ダブルス準々決勝】

○12守谷総一郎/竹内研人(MTSテニスアリーナ三鷹/北日本物産)[3] 6-4 6-4 ●10チェン・ティ/Punnakrit KRITAKARA(台湾/タイ)

------------

【ダブルス1回戦】

○12守谷総一郎/竹内研人(MTSテニスアリーナ三鷹/北日本物産)[3] 6-2 6-0 ●11アレハンドロ・タビロ/Jose Fco. VIDAL AZORIN(チリ/スペイン)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:4/16(日) 8:00
THE TENNIS DAILY

Yahoo!ニュースからのお知らせ