ここから本文です

春の嵐 18日(火)にかけ暴風・高波・土砂災害に警戒 交通への影響も

4/16(日) 17:07配信

ウェザーマップ

 17日から18日にかけて、西~北日本の広い範囲で海上を中心に非常に強い風が吹き、海はしける見込み。暴風や高波に警戒・注意が必要だ。また、太平洋側を中心に非常に激しい雨の降るおそれがあり、土砂災害にも警戒が必要となる。

 前線を伴った低気圧が、17日朝には黄海へ進み、その後18日にかけては、急速に発達しながら日本海を北東へ進む見込み。このため、18日にかけては広い範囲で風が強まり、海上は波が高まる。
 また、低気圧や前線に向って南から湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となるため、17日は西日本を中心に、18日は東日本や北日本でも非常に激しい雨の降るおそれがある。大雨による土砂災害などに警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。積雪の多い地域では雪解けによる雪崩などにも注意。

◆暴風・高波・大雨に警戒

【暴風・高波】
<予想最大瞬間風速(17日)>
近畿、四国、北陸 35メートル
九州北部・南部、中国、東海、東北、北海道 30メートル
<波の高さ(17日)>
四国、近畿 5メートル
九州北部  4メートル

 なお、18日は東日本や北日本で風がさらに強まり、海はしける見込み。交通機関に影響が出るおそれがあるため、十分な注意が必要となる。

【大雨】
<17日夕方にかけての予想雨量(多い所)>
九州南部 150ミリ
九州北部、四国、近畿 120ミリ
 
 18日にかけては、西日本の降水量はさらに増えるところがあり、東日本や北日本でも大雨のおそれがある。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要だ。

最終更新:4/16(日) 17:16
ウェザーマップ