ここから本文です

“動けるデブ”ロイ・ネルソン、審判を蹴って出場停止から復活 ロシア出身・身長2m超“ドラゴ”を迎撃【UFC】

4/16(日) 8:30配信

AbemaTIMES

現地時間4月15日、アメリカ・カンザスシティにて「UFCファイトナイト」が開催される。

この大会のメインイベントは、フライ級王者デメトリアス・ジョンソンvsウィルソン・ヘイスの一戦。それだけでなく、メインカード以外のブレリミナリーファイトにも注目カードが組まれている。
中でも期待されているのが、アレクサンドル・ボルコフvsロイ・ネルソンのヘビー級マッチだ。
ボルコフはヘビー級のランカー。ロシア・モスクワ出身で、身長は2m超。映画「ロッキーIV」に登場したソ連のボクサーの名前と同じドラゴの異名を持つ。
極真空手のベースを持つボルコフは、UFC2戦目。しかしもう一つのメジャーイベントであるベラトールのヘビー級タイトルを獲得しており、その実力は折り紙つきだ。
ベラトール王座は失ったものの、その後M-1グローバルで連勝し、UFC登場を果たしたボルコフ。戦績を見るとパンチ、蹴り、寝技と全局面で相手を仕留める力を持っており、今後ヘビー級戦線で注目される存在になりそうだ。
対するネルソンは、ビッグカントリーのニックネームでも知られる人気選手。ヒゲをたくわえた風貌、アンコ型の体型はどことなくユーモラスで、なおかつ試合はあくまでハード。真っ向勝負の打撃戦を好む試合ぶりも評価が高い。
UFC2戦目のボルコフにとっては、知名度のあるネルソンを倒せば大きなアピールになる。前回は判定2-1、スプリット・デシジョンでの勝利だったから、インパクトのある勝ち方をしたいところだ。
一方のネルソンは、ボルコフを倒すことでトップ戦線に再浮上するきっかけを掴みたい。ちなみに前回の試合では勝利しているが、試合ストップが遅かったことに怒ってレフェリーを蹴飛ばしたため罰金&出場停止に。今回はその鬱憤を晴らす機会でもある。
実力的にもキャラ的にも抜群な2人の対戦。見応え充分な試合になりそうだ。

最終更新:4/16(日) 8:30
AbemaTIMES