ここから本文です

能力、性格、健康 ー 「見た目」が語るこれだけのこと

4/16(日) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

人は見た目で判断する。

デート中であろうと、スーパーにいようと、私たちは人を見て数秒以内にさまざまなことを判断する。知的レベルから、どれだけ犯罪に手を染めそうかまで。

【画像付記事は、こちらからご覧いただけます】

驚いたことに、第一印象は時にはかなり正確だ。もちろん、まったく見当違いな場合もあるが。

外見が魅力的な人は、他にも優れた特徴があると思われる。

社会心理学の現象に、「ハロー効果」というものがある。私たちは外見が魅力的な人は、聡明であったり、しっかりコミットするなど他にも良い特徴があると思い込む傾向にある。

ダニエル・S・ハマーメシュ(Daniel S Hamermesh)教授はテキサス大学オースティン校で「美」を研究していた心理学者。彼は研究の中で、外見が良い人は「ハロー効果」のおかげで、より高い収入を得ていることを発見した。

似たような研究で、女子大学生の小論文を男子大学生に評価させるという実験がある。あまり魅力的ではない女性、もしくは写真を全く提示しなかった場合と比べて、魅力的な女性の写真をその小論文の作者として提示した場合には、作者と小論文はより好意的に評価された。

人は1枚の写真から驚くほど正確に被写体の性格を読み取ることができる。

2009年の研究で、被験者はテキサス大学オースティン校の学生123名の写真を見せられ、被写体の性格を予想した。被写体である大学生たちは、無表情もしくは好きなポーズをとるように指示された。

その結果、学生がどのように写っていようと、被験者は以下の5つの特徴を、正確に読み取った。「外向性の高さ」「自尊心の高さ」「信仰心の厚さ」「協調性の高さ」「どれだけ良心的か」の5つだ。

人は被写体の顔の特徴から身長を予想し、リーダーシップ能力の高さを評価する。

2013年に、ヨーロッパとアメリカの心理学者、神経科学者、コンピュータ科学者が合同で行った実験では、数十名の被験者が47人の白人男性と83人の白人女性の顔写真見せられた後、まずは被写体の身長を予想し、次にリーダーシップ能力を評価した。

その結果、被写体の性別や顔の長さといった特徴から身長を予想し、そして同じ特徴からリーダーシップ能力を評価することが判明した。

高身長だと予想される顔の被写体は、リーダーシップ能力が高いと評価された。

1/3ページ

最終更新:4/16(日) 20:10
BUSINESS INSIDER JAPAN