ここから本文です

照英、涙テーマの冠番組がスタート「俺、泣かないよ!」

4/16(日) 12:00配信

AbemaTIMES

4月16日(日)、AbemaTVにて新番組「照英を泣かそう」がスタートする。

この番組は、視聴者から「泣ける話」を募集し、一流イラストレーターと人気声優がコラボした「紙芝居付き朗読会」が展開されるほか、視聴者の感動を誘う動画が上映。これらを受け、照英がいかに泣けるストーリーかを「大泣き・中泣き・小泣き」の3段階で判定しながら、涙を流しストレスを発散することを目的とする「涙活デトックスバラエティ」だ。

今回、初回収録を終えたばかりの照英に取材を敢行。冠番組への意気込みとともに、照英にとって泣くこととは何なのかを伺った。

■俺、泣かないよ!

--照英さんの冠番組がいよいよはじまります! 「涙活デトックスバラエティ」をテーマとして打ち出してますね。

照英:今回、「照英を泣かそう」という斬新な番組名ですけど、泣こうと思って泣けるものじゃないんだなぁと改めて思いました。今までの人生でも、泣こうと思って泣いたことはないんです。自分でも涙のスイッチがどこにあるのかわからない。どんなことに感動して、どんなことに共感するのか、じっくり考えてみてもやっぱりわからないんですよ。

--気づいたら泣いている感じ?

照英:そうですね。今まで人生のターニングポイントでは結構泣いてきているので、泣き虫であることは間違いないと思います。だけど、勘違いしてほしくないのは、「転んで痛かった」とか、「失敗した」とかで泣いたことはないんです。自分のことで泣くほど弱い人間じゃない。人のためというか、こんな自分に対して優しくしてくれる相手がいて、はじめて涙が溢れるんです。

--なるほど。

照英:例えば、自分の子供が産まれたときも、産んでくれた妻がいてくれたことに涙が溢れたんです。なので今回、番組がスタートするにあたってスタッフと打ち合わせしたとき、「泣かせられるもんなら泣かしてみてよ。俺、泣かないよ!」と言ったんですよ。

1/3ページ

最終更新:4/16(日) 12:00
AbemaTIMES