ここから本文です

ジョンソンがソックを破って決勝進出 [ヒューストン/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 4/16(日) 18:00配信

 アメリカ・テキサス州ヒューストンで開催されている「US男子クレーコート選手権」(ATP250/4月10~16日/賞金総額53万5625ドル/クレーコート)のアメリカ人対決となったシングルス準決勝で、第4シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)が第1シードのジャック・ソック(アメリカ)を4-6 6-4 6-3のフルセットで下して決勝に駒を進めた。

2015年覇者のソックらアメリカ勢3人が4強入り [US男子クレーコート選手権]

 ジョンソンは昨年のノッティンガム(ATP250/グラスコート)でツアー初タイトルを獲得。キャリア2勝目をかけた決勝では、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のエルネスト・エスコビード(アメリカ)を5-7 6-4 6-2で倒した第8シードのトーマス・ベルッチ(ブラジル)と対戦する。

 南カリフォルニア大学時代に2度の学生チャンピオンに輝いた27歳のジョンソンは、「ソックには普段ないようなファーストサーブやフォアハンドのエラーが数本あった。僕はその数少ないチャンスをものにすることができた。本当にラッキーだったよ。アメリカ本土で決勝に進出したのは初めてだからね。本当にうれしいし楽しみにしてるよ」と試合を振り返った。

 1週間前にソックとジョンソンはチームメートとしてデビスカップ・ワールドグループ準々決勝をともに戦い、オーストラリアに敗れていた。「たとえ友人と対戦することになっても、それは割り切ってプレーしているよ。それがスポーツだし、ビジネスだからね」とジョンソン。この結果で両者のツアーレベルでの対戦成績は、ジョンソンから2勝4敗となった。

 ソックは2015年のこの大会でツアー初優勝を飾っており、昨年は準優勝に終わっていた。ソックは現在世界ランク16位で、アメリカ人選手としてはもっとも高い。

「ジョンソンのプレーは本当によかった。彼のプレーが僕より勝ってたということ。特にスライスのリターンがよかった。コーナーにうまく決まっていたよ」とソックは試合を振り返った。

 第2セットの第8ゲームでダブルフォールトをおかしてブレークポイントを2本握られるまで、ソックはほぼ完璧にサービスゲームをキープしていた。ソックは何とかこのゲームをキープしたが、続く第10ゲームでジョンソンにブレークを許して3試合連続でフルセットに突入した。

 最終セットではソックが先にジョンソンのサービスゲームのブレークに成功して3-1とリードしていたが、そのあとジョンソンに5ゲームを連取された。最後の第9ゲームでソックはフォアハンドクロスのエースでマッチポイントを1本しのぎ、そのあとリターンエースを決めてブレークポイントを握ったが、11本目のサービスエースを決めたジョンソンが勝利した。

 ベルッチはこれまでツアーで4勝を挙げているが、すべてクレーコートでのタイトル。北米でクレーコートの大会に出場したのは今回が初めてとなるベルッチは、今大会4試合連続でフルセットを戦っている。これは1990年にデビッド・ウィートン(アメリカ)が決勝進出までに12セット戦って以来のことで、27年ぶりとなる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 18: Steve Johnson of the United States plays a forehand in his second round match against Stan Wawrinka of Switzerland on day three of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 18, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

最終更新:4/16(日) 18:00

THE TENNIS DAILY