ここから本文です

バーディ、驚異の電光石火弾 得意のカウンター冴えるレスター、2点差から追いつかれドロー

4/16(日) 1:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

岡崎はUCLに向け温存か

現地時間15日に行われたプレミアリーグ第33節で、岡崎慎司の所属するレスター・シティはクリスタル・パレスと対戦した。試合はクリスタル・パレスの本拠地セルハースト・パークで開催され、岡崎はベンチスタートとなった。

[動画]冴える高速カウンター、バーディのゴール

11位レスターと16位クリスタル・パレスによる一戦。試合は早々に動く。6分、レスターはDFクリスティアン・フクスのロングスローからDFロバート・フートが豪快なヘディングシュートを決めて先制に成功した。フートは2015年にレスターに加入して以降、すべての得点をアウェイで決めており、敵地でのゴールを得意とする。

前半1本のシュートしか打てず、クリスタル・パレスの攻撃を凌ぎきったレスターは後半、得意のカウンター攻撃が冴え、追加点を奪取する。52分、自陣でのCKの流れからMFリヤド・マフレズが前線にパスを供給、走り込んだFWジェレミー・バーディは、ボールを拾うと鋭い切り返しで相手DFを置き去り、左足を振り抜いて弧を描くシュートを突き刺した。バーディは今季11得点目を奪うも、その直後、クリスタル・パレスのMFヨアン・カバイェがこぼれ球を押し込む形1点差に迫る。

その後ゴール前に押し込む時間が続いていたクリスタル・パレスは70分、クリスティアン・ベンテケがアンドロス・タウンゼントのクロスに頭で合わせて同点に追いつく。試合はそのまま終了。レスターは2点をリードしながらも、クリスタル・パレスの猛攻を防ぎきれず、好調同士のチームによる一戦は、2-2で引き分けた。

レスターは枠内に放ったシュートは2本のみだったが、得点に結びつけ、決定力を見せている。ベンチスタートとなった岡崎には、出場機会が訪れず、レスターは18日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグに向け、準備を進めることになる。

[メンバー]
クリスタル・パレス:ヘネシー、ウォード、サコ、シュラップ(→ファン・アーンホルト 69)、ケリー、キャバイエ、タウンゼント、ミリボイェビッチ、パンチョン、ザハ(→マッカーサー 84)、クリスティアン・ベンテケ

レスター:シュマイケル、シンプソン、ベナルアン(→チルウェル 76)、フート、フクス、マフレズ(→グレイ 75)、エンディディ、キング(→ドリンクウォーター 64)、オルブライトン、バーディ、ウジョア

[スコア]
クリスタル・パレス 2-2 レスター・シティ

[得点者]
クリスタル・パレス:キャバイエ(54)、ベンテケ(70)
レスター・シティ:フート(6)、バーディ(52)

http://www.theworldmagazine.jp