ここから本文です

本宮で再現!浪江の「桜まつり」 花火5000発が夜空に大輪の花

福島民友新聞 4/16(日) 10:39配信

 浪江町の春の風物詩となっていた「請戸川リバーライン桜まつり」を再現しようと、15日、本宮市で開かれた「本宮市春まつり」で花火が打ち上げられた。約5000発が夜空を彩り、同市で避難生活を送る浪江町民や市民が復興を願った。
 同市の旧白沢村青年部OB会などでつくる「しらさわ未来会議」が企画。満開の桜の時期には少し早かったものの、大輪の花に来場者が見入った。よさこいなどが繰り広げられたほか、浪江町民がピンクの紙にメッセージを書き込んだ「桜の木」がステージにお目見えした。

福島民友新聞

最終更新:4/16(日) 10:39

福島民友新聞