ここから本文です

17歳ボンドロウソワ 第1シード撃破、ツアー初の決勝へ<女子テニス>

tennis365.net 4/16(日) 17:45配信

レディース・オープン・ビール・ビエンヌ

女子テニスのレディース・オープン・ビール・ビエンヌ(スイス/ビール、ハード、WTAインターナショナル)は15日、シングルス準決勝が行われ、予選勝者で17歳のM・ボンドロウソワ(チェコ共和国)が第1シードのB・ストリツォワ(チェコ共和国)を7-6 (7-3), 6-2のストレートで破り、ツアー初の決勝進出を果たした。

【錦織に襲いかかる若手選手】

この日、世界ランク233位のボンドロウソワは第1セットをタイブレークの末に先取すると、続く第2セットでは同18位のストリツォワに1度もブレークチャンスを与えない試合を展開。格上に怯むことなく、1時間34分で勝利を手にした。

決勝では、世界ランク99位のA・コンタベイト(エストニア)と対戦する。コンタベイトは、同日の準決勝で予選勝ち上がりのA・サスノビッチ(ベラルーシ)をフルセットで下して決勝へ駒を進めた。

17歳のボンドロウソワは現役の高校生で、2018年に卒業予定。下部大会を中心に出場しており、今シーズンですでに2勝をあげている。

今大会は予選3試合を勝ち抜いて本戦入りを果たし、1回戦でL・ジョルチスカ(マケドニア)、2回戦でAn・ベック(ドイツ)、準々決勝でKr・プリスコバ(チェコ共和国)を破り準決勝へ駒を進めている。

tennis365.net

最終更新:4/16(日) 17:45

tennis365.net