ここから本文です

横浜DeNAラミレス監督 今季初のカード勝ち越し 今後の継投策も「パットンを抑えで」

AbemaTIMES 4/16(日) 16:41配信

 横浜DeNAが4月16日、対ヤクルト6回戦に6対3で勝利した。アレックス・ラミレス監督(42)は、抑えだった山崎康晃投手(24)を7回に登板させたことについて、「(今後も)ああいう使い方。パットンを抑えで使う」と説明した。インタビューの内容は以下のとおり。

―今季初のカード勝ち越し。試合を振り返ってどうだったか

 非常に素晴らしい気分。クラインが非常によかった。5回1/3で100球以上投げたが、素晴らしかったのはフォアボールが2個だけだったこと。バッティングは今日もよく援護してくれた。

―(抑えだった)山崎康が7回から登板した

 今日はよくやってくれた。スピードもよくて、三者凡退で抑えた。今までと違う使い方で、リフレッシュした形でいいピッチングを続けてもらえれば。

―今後も継投はかわっていく可能性は

 山崎康をああいう使い方をして、パットンを抑えで使おうと思う。

最終更新:4/16(日) 16:41

AbemaTIMES