ここから本文です

【F1】初ポールポジション獲得のボッタスを警戒するハミルトン「気が抜けない相手だ」/バーレーンGP予選

4/16(日) 7:00配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、ニコ・ロズベルグの後任としてメルセデスに加入して3戦目のバーレーンGPの予選でポールポジションを獲得した。最後のアタックで、チームメイトのルイス・ハミルトンを0.023秒逆転したのだ。

【リザルト】F1第3戦バーレーンGP予選:タイム結果

 最後のアタック、セクター2と最終コーナーでタイムを失い、ボッタスの逆転を許したハミルトンは、「バルテリには気が抜けない。彼のあのラップは本当に(ポールポジションに)ふさわしかった」と語った。

「初めてのポールポジションに、驚くばかりだ。子供の頃、それ(ポールポジション獲得)を夢見ただろうし、彼には明日初勝利の可能性もある。彼は素晴らしい仕事をしたよ」

 ボッタスは、ケケ・ロズベルグやミカ・ハッキネン、キミ・ライコネン、ヘイキ・コバライネンに次いで、F1でポールポジションを獲得した5人目のフィンランド人ということになった。

 中国GPではセーフティカー出動中にスピンを喫し、6位でフィニッシュするなど難しい週末を過ごしたが、バーレーンでは見事な”カムバック”を果たした。

「言うまでもなく、すごくハッピーだ」とボッタスは語った。

「僕のキャリアで初めてのポールポジションだ。もう何レースかかかると思っていたけど、今回獲得できた。これが、今後何回もポールポジションを獲得していく中の1回目だといいな」

「(開幕戦の)メルボルンでの予選よりも、間違いなく快適に感じていた。マシンで過ごす時間が増えていけば、マシンからより多くのモノを引き出せるようになる」

「常に進歩し、改善していくのは素晴らしいことだ。前回のレースで苦しんでいたし、次のレースで素晴らしい成果を残せたのは良いことだ」

「明日はポールからスタートするので、どうなるか見てみよう」

 フェラーリは予選でメルセデスに挑戦しようとしていたが、それは失敗した。セバスチャン・ベッテルは、最後のアタックで”少し厳しく攻めすぎた”と語ったが、0.5秒近くボッタスから遅れた。

 しかしながら、ハミルトンは決勝でのフェラーリとの戦いが厳しいものになると予想している。

「今日はフェラーリに対してマージンがあったが、大体において彼らはレースでギャップを縮めてくる傾向がある。間違いなく、接戦になるだろう」とハミルトンは語った。

「彼らのロングランがどうだったかはわからないが、僕は彼らのペースは良いと思う。気温がどうなるか興味深いし、素晴らしいバトルになることを願っている」

Lawrence Barretto