ここから本文です

【F1】メルセデス、Tウイングの”固定”を強化し、脱落事故再発を防ぐ/バーレーンGP

motorsport.com 日本版 4/16(日) 7:30配信

 金曜日のFP2では、バルテリ・ボッタス(メルセデス)のマシンからTウイングが脱落し、それによってマックス・フェルスタッペン(レッドブル)はマシンのフロアにダメージを負ってしまった。

【ギャラリー】第3戦バーレーンGP(随時更新)

 先週の中国GPでも似たようなインシデントが発生しており、今回は2度目のTウイングに関する事例となった。これを受けてメルセデスは夜通し作業を行い、マシンとTウイングの固定を強化した。

 FIAはメルセデスに対し、Tウイングの固定を強化することによって同じインシデントがFP3で繰り返されないことを証明するか、もしくはTウイングを取り外すことを要求した。

 だがメルセデスは、FP3と予選でTウイングを装着していた。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは予選後、「我々は問題を解決した」と話した。

「マシンとTウイングの固定は強化された。野球のバットで殴っても外れないだろう。これで大丈夫なはずだ」

 一方、Tウイングを使用していないレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、金曜日のインシデントを受けて、Tウイングの使用禁止を求めている。

 ホーナーの主張についてウルフは、「クリスチャンがそれを求めていることは確かだ。他のマシンからもTウイングを外そうとしている」

「彼の考えは理解出来る。Tウイングのせいで、マシンのフロアにダメージを負ってしまったんだからね」

 なおFIAは、2018年に向けてTウイングとシャークフィンの禁止を示唆している。

Lawrence Barretto

最終更新:4/16(日) 7:30

motorsport.com 日本版