ここから本文です

将棋・藤井聡太四段「炎の七番勝負」佐藤康光九段に快勝 最終戦は羽生善治三冠

AbemaTIMES 4/16(日) 21:50配信

 大先輩の独特な仕掛けを、真正面からぶち破った。史上最年少プロ棋士の藤井聡太四段(14)が、7人の先輩プロ棋士と対決する「藤井聡太四段 炎の七番勝負~New Generation Story~」の第六局に挑み、タイトル獲得13期、永世棋聖の称号を持つ佐藤康光九段(47)を95手で破った。序盤は角交換からダイレクト向かい飛車で進んだが、藤井四段は惑わされることなく、徐々に戦況を整え快勝。将棋ファンも想像しなかった5勝1敗の好成績で、最終戦となる羽生善治三冠(46)との一戦に臨むことになった。

 見慣れない盤面の様子にも、しっかりと落ち着いて指し回した。数々の新手を作っていた佐藤九段を相手に「序盤の構想がとても難しかった」としながらも、少しずつ有利な形勢を作り上げた。「最後の寄せが見えた時に、はっきり勝ちになったかなと。本当に勉強になりましたし、勝ったことで自信にもなりました」と話すと、少し表情を緩めた。

 戦前は「先輩の意地を見せたい」と話していた佐藤九段も、想定外の完敗に脱帽だ。「藤井四段とは練習将棋も1回も指したことがなかったので、初めて対局した。一方的にやられてしまった。非常に攻守バランスが取れていて、終盤力はさすが。期待の新人ですので、これからも活躍を見守っていきたい」と、その実力を認めた。

 第二局こそ敗れたものの、その他の対局はすべて快勝と言っていい内容での5勝1敗。最終戦となる第七局は、言わずと知れた将棋界のレジェンド、羽生三冠と対戦する。藤井四段は「僕が言うまでもなくスーパースター。恐れ多いところもあるが、せっかくの機会ですので、全力で自分の力を出し切りたい」と、同じく中学生でプロデビューした羽生三冠への思いを語った。

 七冠独占、タイトル通算97期、竜王を除く永世六冠など、名誉を並べればきりがないほどの羽生三冠に、破竹の勢いの藤井四段はどう戦うのか。新旧の天才棋士同士による対局は4月23日午後7時から放送される。

最終更新:4/16(日) 21:50

AbemaTIMES