ここから本文です

僕はメッシ2世じゃない! ディバラ「そんなはずないし、僕は彼をピッチの上で超えたい」

theWORLD(ザ・ワールド) 4/16(日) 14:20配信

先輩への憧れを語る

イタリア王者ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、同胞のスーパースター、リオネル・メッシについて言及している。

チャンピオンズリーグ準々決勝1stレグでバルセロナと相見え、メッシを凌ぐパフォーマンスを見せつけていたディバラ。ここ数年で目覚ましい急成長を見せる同選手は、“小柄な左利きアタッカー”という特質もあり、度々メッシと比較される傾向にあるが、本人は次のような見解を述べている。英紙『Mirror』がユヴェントスエースの言葉を伝えた。

「僕がメッシの後継者? いや、そんなはずがない。メッシはメッシだし、僕がそうなることはない。それに僕らにはそこまで強い関係性があるわけではないしね。僕は彼に対し、大きな憧れの念を抱いている。本当に尊敬しているんだよ」

しかし、偉大な先輩を超えたいという願望もあるようだ。

「メッシはチャンピオンズリーグを制したが、僕はまだそれを達成していない。まずはそこをクリアしなきゃいけないね。ユヴェントスでチャンピオンズリーグを優勝したいんだよ。フィールドの上ではフェアに戦えるし、そこで僕はメッシを超えたい。僕だってパウロ・ディバラなんだ。これからもそうであり続けるよ。新たなリオネル・メッシではないし、メッシの後釜でもない。メッシはこの世に1人しかいないしね」

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:4/16(日) 14:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報