ここから本文です

日本サッカーに“久保フィーバ“ー吹き荒れる!? 15歳の久保のスーパーゴールを独メディアも取り上げる

theWORLD(ザ・ワールド) 4/16(日) 20:20配信

久保が日本サッカー界を騒がせる

日本のサッカー界に久保フィーバーが起きている。現在日本代表とヘントで活躍している久保裕也はもちろん、未来の日本代表選手と期待されるFC東京U-23でプレイする15歳の久保建英もそうだ。

“南野拓実VSメッシ”!?

久保建英は15日に行われたセレッソ大阪U-23との試合に出場すると、見事な得点を記録。左サイドでボールを持つと、左足のドリブルで相手DFを翻弄してペナルティエリア内へ。角度はほとんどなかったが、迷わず振り抜いた左足はGKの頭上を射抜いて逆側のネットに突き刺さった。久保の得点は15歳10ヶ月11日と森本貴幸が所持していたJリーグ最年少得点記録を塗り替えるものとなった。

これをドイツのメディアも取り上げている。『SPOX』は「久保が最年少で得点を記録。バルセロナの元ユース選手がGKの頭上を抜く見事なゴールを決めた」と伝え、動画とともに紹介している。バルセロナの下部組織でプレイしていたことなどもあって以前から注目されてはいたが、今回の最年少得点記録の更新でさらにスポットが当たることとなった。

こうした若すぎる世代に過度な期待をかけるのは余計な負担となってしまうが、久保にはどうしても注目が集まってしまう。現在の日本代表では久保裕也が新たなエースになろうとしているが、久保建英もそれに続く存在となるのか。また、いつか久保裕也と久保建英のW久保が日本代表で暴れる姿が見られるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:4/16(日) 20:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報