ここから本文です

ウェーレイン「復帰戦で最高の予選結果。今年初のロングランにも不安はない」ザウバー F1バーレーンGP土曜

4/16(日) 13:06配信

オートスポーツweb

 2017年F1バーレーンGPの土曜予選で、ザウバーのマーカス・エリクソンは19位、パスカル・ウェーレインは13位だった。

F1バーレーンGP最新フォトコーナー

■ザウバーF1チーム
マーカス・エリクソン 予選=19位
 Q1で敗退するなんて、残念な予選だった。マシンの性能を最大限に発揮させることができなかったけれど、こういうこともときにはある。

 それでも今日は、金曜日のフリー走行に比べると快適に走れていた。ロングランは好調に思えたから、明日は反撃できることを願っている。

パスカル・ウェーレイン 予選=13位
 13番手という結果を本当に喜んでいる。セッションごとに改善できていたから、全体的に見て今日の結果に満足していいと思う。

 明日のレースがどうなるのか、興味深いね。必ずベストを尽くして、できるかぎり学習していく。ザウバーF1チームで走るレースは初めてだからね。

(レース・オブ・チャンピオンズでの)けがで休んでいる期間にサポートしてくれたザウバーF1チームとメルセデスには感謝している。

(formula1.comのインタビューで語り)最高のカムバックだ。まだ(背中に痛みを)感じるけれど、走っている時には気にならない。決勝は大丈夫だと思う。もちろんきついだろうが、それは誰もが同じだ。

(決勝の)パフォーマンスがどうなのか、全く分からない。今年一番長く走ったのは18周か20周だから、マシンがレースディスタンスでどういう挙動をするのか予想がつかないんだ。でも、ベストを尽くして、できる限りいい結果を目指し、そして楽しみたい。  

[オートスポーツweb ]