ここから本文です

巨人、完封リレーで大竹寛が2勝目 中日は7回1失点の吉見が開幕3連敗

4/16(日) 17:11配信

ベースボールキング

● 中日 0 - 2 巨人 ○
<6回戦 ナゴヤドーム>

 巨人が先発・大竹寛の好投もあり3カードぶりの勝ち越し。対する中日は今季初の完封負けを喫し、巨人戦は2カード連続の負け越しとなった。

 巨人は両チーム無得点のまま迎えた7回、先頭の3番坂本が右翼への二塁打でチャンスメイクすると、続く4番阿部が、中日先発・吉見の内角球を右翼線へ弾き返し均衡を破った。9回も坂本の中前打から一死一、三塁の好機を作ると、代打・亀井が右前適時打を放ち、貴重な2点目を加えた。

 大竹寛は初回からテンポの良い投球を展開。元気のない中日打線相手に5回途中まで無安打投球を続けると、一死一、三塁のピンチを招いた6回は、2番亀沢、3番平田をいずれも内野ゴロに打ち取った。

 大竹寛は7回途中4安打無失点の好投で2勝目。8回途中から登板したカミネロが最後を締め、7日の阪神戦以来となる5セーブ目を手にした。

 中日はこの日も好機であと一本が出ず、今季初の完封負け。先発の吉見は7回1失点と好投したが、またも打線の援護を得られず開幕3連敗となった。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 5:15