ここから本文です

浦和、興梠の1点を守り切り3連勝! 2戦連続の完封でFC東京下す

4/16(日) 15:57配信

SOCCER KING

 2017明治安田生命J1リーグ第7節が16日に行われ、FC東京と浦和レッズが対戦した。

 2試合白星から遠ざかっているFC東京が2連勝中の浦和をホームに迎えての一戦。FC東京は大久保嘉人がメンバー外となり、前田遼一と阿部拓馬がツートップを組む。対する浦和はリーグ戦を2試合欠場していたラファエル・シルバが最前線に入り、その下に興梠慎三と武藤雄樹を配置。前節、負傷交代を強いられた関根貴大はベンチスタートとなり、右サイドには菊池大介が起用された。

 先にチャンスを作ったのはFC東京。開始1分、高い位置からプレッシャーをかけると、永井謙佑がカットしたボールがペナルティエリア右に流れる。これに反応した阿部拓馬が右足で狙ったが、シュートはGK西川周作の正面を突いた。

 その後もFC東京がやや押し気味にゲームを進めたが、先制したのは浦和だった。14分、ハーフウェイライン付近からドリブルで持ち上がったR・シルバがスルーパスを通すと、エリア内左に抜け出した興梠がDFと競り合いながら左足のシュートをゴール右に流し込んだ。

 後半に入り50分、FC東京はエリア手前中央で受けた橋本拳人が右足を振り抜いたが、このミドルシュートは惜しくも左ポストを叩いた。さらに55分、左サイドからのFKを東慶悟がゴール前に蹴り込むと、カーブがかかったボールがそのままゴール方向へ飛んだが、今度は右ポストに阻まれてしまった。

 追加点を狙う浦和は74分、R・シルバの浮き球のスルーパスに抜け出した興梠が反転しながら左足で狙ったが、このシュートはGK林彰洋に阻まれた。

 ピンチを凌いだFC東京はここから同点ゴールを目指したが、なかなか決定機を作り出すことはできず、試合はこのままタイムアップ。浦和が1-0で逃げ切り、3連勝を達成した。一方、FC東京は連敗を喫している。

 次節、FC東京は22日にアウェイでアルビレックス新潟と、浦和は同日にホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦する。

【スコア】
FC東京 0-1 浦和レッズ

【得点者】
0-1 14分 興梠慎三(浦和)

SOCCER KING

最終更新:4/16(日) 15:57
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報