ここから本文です

白熱の大阪ダービーはドロー決着…G大阪はリード許すも倉田が執念のロスタイム弾

4/16(日) 15:59配信

SOCCER KING

 2017明治安田生命J1リーグ第7節が16日に行われ、セレッソ大阪とガンバ大阪が対戦した。

 リーグ戦3連勝中で、公式戦6試合負け無しのC大阪は、前節からスタメンを1名変更。センターバックに負傷離脱中だった山下達也が復帰、同じく負傷していた清武弘嗣が3試合ぶりにベンチ入りを果たしている。対する公式戦2連敗中のG大阪は、金正也、初瀬亮がスタメンに復帰。負傷したアデミウソンに代わり、赤崎秀平が長沢駿と2トップの位置に入った。

 開始わずか50秒、杉本健勇の落としから柿谷曜一朗がファーストシュートを放つ。その後もソウザが遠目から積極的に狙うなど、C大阪ペースで試合が進む。40分には関口訓充のクロスに杉本が頭で合わせたが、枠を捉えられず。前半は両チームともに決定機はなく、スコアレスで折り返す。

 後半に入り57分、スローインの流れから走り込んだ藤春廣輝が押し込み、アウェイのG大阪が先制点を奪う。追いかけるC大阪は68分、関口に代えて清武を投入。すると71分、山口蛍、丸橋祐介とつなぐと、杉本が右足を振り抜く。このシュートが決まり、ホームのC大阪が同点とする。さらに直後の73分、丸橋のクロスに杉本が頭で合わせるが、ここはGK東口順昭が好セーブで得点を許さない。そして迎えた86分、ソウザのクロスに再び杉本が頭で合わせ、C大阪が逆転に成功する。しかし、後半アディショナルタイムにCKから倉田が得点を挙げ、同点に追いつく。

 試合は2-2で終了。公式戦41回目の大阪ダービーは、ドローに終わった。

 次節、C大阪はアウェイでヴァンフォーレ甲府と、G大阪はホームで大宮アルディージャと対戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 2-2 ガンバ大阪

【得点者】
0-1 57分 藤春廣輝(G大阪)
1-1 71分 杉本健勇(C大阪)
2-1 86分 杉本健勇(C大阪)
2-2 90+3分 倉田秋(G大阪)

SOCCER KING

最終更新:4/16(日) 22:04
SOCCER KING