ここから本文です

柏FW大津が勝利呼び込む劇的ボレー!ネルシーニョ率いる神戸は首位陥落

ゲキサカ 4/16(日) 18:04配信

[4.16 J1第7節 神戸1-2柏 ノエスタ]

 J1リーグは16日、第7節を行った。ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸と柏レイソルが対戦し、2-1で柏が勝利した。

 2009年から14年まで指揮したネルシーニョ監督率いる神戸の本拠地に乗り込んだ柏は、前半21分にチャンスが訪れる。DF渡部博文が切り返したところをMF伊東純也がボールを奪い、横パスを選択。FWクリスティアーノが右足でシュートを放つも、クロスバー上に外れてしまう。

 それでも柏は前半28分、流れるようなパスワークから右サイドのDF小池龍太が低い弾道の鋭いクロスを供給。渡部の背後に飛び込んだMF大谷秀和が左足の膝に当てて押し込み、先制点を奪った。

 反撃に出る神戸は前半36分、右サイドの深くまで侵入したDF高橋峻希が中央に折り返すと、相手に当たってコースが変わったが、FW小林成豪が右足シュート。大谷に当たってゴール左隅に吸い込まれ、同点に追いついた。なお、神戸はリーグ戦で今季FW初ゴールとなった。

 神戸は後半開始からMF中坂勇哉を下げてFW大槻周平を入れる。さらに20分にFW田中順也、28分にMF三原雅俊を投入し、逆転ゴールを狙いにいく。29分、ディフェンスラインの背後へ浮き球パスが送られ、大槻が体を投げ出して頭で合わせるが、ヘディングシュートはクロスバーの上。38分には、高い位置からのプレスでボールを奪い、最後は田中順が左足をシュートを放つもGK中村航輔に止められた。

 終盤になるにつれて神戸の圧力が増していったが、後半41分にDF岩波拓也がこの日2枚目のイエローカードを受けて退場。10人では柏の守備を崩すことはできず、逆に終了間際に痛恨の勝ち越しゴールを許した。

 柏は後半アディショナルタイム2分、右サイドからクリスティアーノがクロスを上げると、左ポストの跳ね返りをFW大津祐樹が倒れ込みながら右足ボレーを沈め、2-1。柏が劇的な決勝点で2試合ぶりの白星を飾った。一方、神戸は首位陥落となった。

最終更新:4/16(日) 18:04

ゲキサカ