ここから本文です

オリックス小谷野“元チームメート”松坂の復帰待つ

日刊スポーツ 4/16(日) 11:17配信

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

 オリックス小谷野が、対戦を心待ちにする投手がいる。ソフトバンク松坂だ。小6から江戸川南リトル、シニアで4年間チームメートだった。プロでの対戦は1試合だけだ。小谷野が日本ハム時代の05年9月7日に西武のエース松坂と3打席あり、2打数無安打の1四球だった。

【写真】福良監督の「鬼のTシャツ、仏のTシャツ」着用で練習するオリックスの選手たち

 その後、周知のように松坂は海を渡って米球界で活躍した。そしてソフトバンクに復帰。明日14日からのオリックス3連戦で先発候補に浮上した時、小谷野はこんな話をしていた。

 「対戦できるなら楽しみ。1試合しかしたことないからね。小さいときにチームメートだったけど、やっぱり彼は別格。ああやって前を走り続けてくれたから、僕も必死についていこうと頑張れたからね」

 ところが松坂が右肩の不調を訴えて、登板が先送りとなった。これには小谷野も残念に違いない。今は現役が少なくなった松坂世代の対決。いつか近いうちに実現してほしい。【オリックス担当=大池和幸】

最終更新:4/16(日) 11:37

日刊スポーツ