ここから本文です

上田桃子と西山ゆかりのV争いはプレーオフへ

日刊スポーツ 4/16(日) 12:41配信

<女子ゴルフ:KKT杯バンテリン・レディース>◇最終日◇16日◇熊本空港CC(6453ヤード、パー72)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)

 地元熊本で3年ぶりの復活Vを目指す上田桃子(30)と、2度目のツアー制覇を狙う西山ゆかり(34)が、激しい首位争いを演じた。

 首位上田が1打差リードで迎えた最終日。5番パー4でこの日初めてボギーをたたいた上田が、西山に追いつかれた。すると続く6番パー4で上田がバーディーを奪い、西山がボギーで2打差に。前半を終えて上田が通算4アンダー、西山が通算3アンダー。わずか1打差で後半へと入った。

 すると西山は10番パー4でバーディー。再び上田と西山が4アンダーで並んだ。11番パー5では申ジエがバーディーとし、ついに上田、西山、申ジエの3人が4アンダーで並ぶ展開になった。

 上田が2打差リードで迎えた18番パー5。ここでドラマが起きた。西山が先にバーディーでフィニッシュ。大観衆が見守る中で、上田は短い距離のパーパットを狙った。入れば優勝。しかし、上田はこれを外した。上田と西山の両者譲らず、通算4アンダーで並び、プレーオフに突入した。

最終更新:4/17(月) 0:50

日刊スポーツ