ここから本文です

阪神能見、5回6安打1失点で降板

日刊スポーツ 4/16(日) 16:17配信

<阪神2-1広島>◇16日◇甲子園

 阪神先発の能見篤史投手(37)が5回6安打1失点で降板した。

【写真】8回裏、原口は勝ち越し適時打を放ちガッツポーズ

 初回に広島先頭田中、続く菊池に連打を浴びるなど、1死満塁のピンチを背負うが、なんとか1失点で切り抜けた。

 2、3回に走者を得点圏に背負うも、なんとか無失点。4回と5回は3者凡退に抑え、試合をつくった。

最終更新:4/16(日) 17:25

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報