ここから本文です

木下優樹菜、家族でここたま「パパはゲラチョに」

日刊スポーツ 4/16(日) 16:37配信

 タレント木下優樹菜(29)が16日、都内で「映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界」(28日公開)完成披露舞台あいさつに出席した。

【写真】次女出産から3カ月で公の場に登場した木下優樹菜

 「かみさまみならい ヒミツのここたま」はテレビ東京系で放送中の人気アニメ。「モノにはみんな魂がある」というおばあちゃんの教えを守り、モノを大切にしている主人公四葉こころが、大切にしていた鉛筆から生まれた「ラキたま」と出会い、ここたまたちとヒミツの生活を繰り広げる心温まる物語だ。

 4歳と1歳の娘の母でもある木下は「4歳の子が好きで見始めました」。

 劇場版となる同作で、木下は新しいここたま「ハピピナ」の声を担当。「テレビアニメには出てこなかったここたま界が舞台なので、そこに注目してください」。また「新しいここたまダンスシューズのテップルと1人前パンツも見て!」と子供たちにアピールした。

 夫のFUJIWARA藤本敏史(46)は、家庭ではテレビのかみさま「ゲラチョ」になっているといい、「娘の配役で『パパはテレビが好きだからゲラチョになりなさい』って。なりきってやらないと怒られます」。藤本からは「今日の朝も、ゲラチョによろしくと言われました」と話した。

最終更新:4/16(日) 17:16

日刊スポーツ