ここから本文です

巨人大竹寛2勝目「誠司との意思疎通できていた」

日刊スポーツ 4/16(日) 19:21配信

<中日0-2巨人>◇16日◇ナゴヤドーム

 巨人先発の大竹寛投手(33)が、6回3分の2を4安打無失点に抑える好投で、2勝目(0敗)を手にした。

【写真】巨人先発の大竹

 持ち味の打たせて取る投球がさえ、4回まではノーヒット。6回には安打2本で1死一、三塁のピンチを迎えたが、亀沢と平田を打ち取り脱出した。7回途中で降板するまで83球と、効率よくアウトを重ねた。

 「丁寧に投げることができました。(小林)誠司との意思疎通もしっかりできていたと思います」と振り返った。

最終更新:4/16(日) 22:01

日刊スポーツ