ここから本文です

東京、天敵浦和にまた苦杯も「顔を上げて」篠田監督

日刊スポーツ 4/16(日) 19:30配信

<明治安田生命J1:東京0-1浦和>◇第7節◇16日◇味スタ

 FC東京が天敵に敗れ、今季初の2連敗となった。公式戦では6連敗中だった浦和レッズを相手に前半14分、カウンターから先制点を献上。FW大久保嘉人(34)を軽度の脳振とうで欠いた攻撃陣は、チャンスをつくりながらも無得点に終わった。

【写真】ゴールを決める浦和FW興梠(右)。左は東京DF丸山

 味スタでの浦和戦に限れば、04年9月以降の勝ちなし試合が「11」(3分け8敗)まで伸びる敗戦。それでも、前からいく守備が迫力を取り戻し、篠田善之監督(45)は「前回の負け(8日札幌戦)に比べれば多くのことができた。選手は90分間、意図してくれたことをやってくれたし、顔を上げてやっていきたい」とポジティブに話していた。

最終更新:4/16(日) 21:42

日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報