ここから本文です

中山優馬の内角攻めに中丸雄一が激高もなぜか胴上げ

日刊スポーツ 4/16(日) 20:04配信

 ジャニーズ大運動会が16日、東京ドームで開催された。

 Hey!Say!JUMPやKis-My-Ft2、Sexy Zoneら人気グループや、ジャニーズJr.を合わせて129人がレッドチームとホワイトチームに分かれて競い合った。

 16回目の今年は、レッドはKAT-TUN上田竜也(33)、ホワイトは中丸雄一(33)が監督を務めた。野球やPK、フリースロー、綱引きや玉入れなど、過去最多の8種目で対決した。

 50メートル走では、第1組でTBS系「炎の体育会TV」にレギュラー出演する上田が6秒49という好タイムをたたき出した。最終組では、「炎の体育会TV」内の企画「ジャニーズ陸上部」に所属するジャニーズJr.の菅田琳寧は全メンバー最速の6秒43を記録し勝利した。6秒51で最終組2位となった鈴木舜映は「すごく悔しいです~」とマイペースに話していた。

 野球では、レッドチーム投手の中山優馬(23)から胸元をかすめる内角球を受けた中丸が激高した。するとベンチから上田が飛び出し、中丸の首をつかんで、羽交い締めにした。その後両軍が本塁付近入り乱れ、あわや乱闘という緊迫した場面もあったが、なぜか中丸が胴上げされる予想外の展開となり、4万5000人のファンで埋まった会場は笑いで包まれた。結果は11対10で、レッドがサヨナラ勝ちした。

 最終結果は、1070ポイント対862ポイントで、レッドの優勝で幕を閉じた。MVPには、最終種目の200メートルリレーで1位になった上田、高地優吾、松村北斗、鈴木舜映の4人が選出された。第3走者だった鈴木が「上田さんにバトンを渡すのが怖かったです」と苦笑いすると、上田は「ジュニアたちにこんなに怖がられているとは思ってもいませんでした。もうちょっと優しくニコニコしようと思った運動会でした。このチームでMVPとれて本当にうれしいです」と笑った。

最終更新:4/16(日) 20:08

日刊スポーツ