ここから本文です

池江璃花子5冠「いい経験」すべて派遣標準を突破

日刊スポーツ 4/16(日) 21:48配信

<競泳:日本選手権>◇最終日◇16日◇名古屋市ガイシプラザ◇女子100メートルバタフライ決勝

【写真】女子100メートルバタフライ決勝で優勝し今大会5冠を達成する池江

 リオデジャネイロ五輪代表の池江璃花子(16=ルネサンス亀戸)が、女子で大会史上初の5冠を達成した。

50メートル自由形を24秒57で、100メートルバタフライも57秒39で制した。これで50メートルバタフライ、100メートルと200メートルの自由形をあわせて出場した5種目すべてで優勝。標準記録もすべて突破して、5種目で世界選手権ハンガリー大会の代表に内定した。池江は「記録はよくないけど、こんなタフなレースをこなして、いい経験ができた。(5冠の)実感はあまりないが、長いようであっという間でした」と話した。

最終更新:4/16(日) 22:05

日刊スポーツ