ここから本文です

再建願い 人どっと/八戸・蕪嶋まつり

Web東奥 4/16(日) 10:00配信

 青森県南地方に春の訪れを告げる「蕪嶋まつり」が15日、ウミネコの繁殖地として知られる八戸市の蕪島で始まった。2015年の火災で焼失した蕪嶋神社の再建を願う多くの市民や観光客が訪れ、会場は活気にあふれた。16日まで。
 蕪島前駐車場の特設ステージでは歌や踊りなど多彩な催しが行われ、観客から大きな拍手が上がった。たこ焼きや綿あめ、焼き鳥などの屋台が並び、多くの家族連れが食べ歩きを楽しんだほか、射的やくじ引きの店では子どもたちの楽しそうな歓声が響いていた。
 家族5人で三沢から訪れたという三沢第一中学校の佐々木姫愛(ひさら)さん(12)は「蕪嶋まつりは初めて。ウミネコがばーっと一斉に飛び立つ様子にびっくり。神社からの景色がきれいだった」と話した。
 青森地方気象台によると、この日の同市は最大瞬間風速22メートルの強風となり、会場では帽子を飛ばされる人の姿も。営巣のため蕪島に飛来しているウミネコは風にあおられるように飛びながら鳴き声を響かせ、観光客らの頭上を舞っていた。

東奥日報社

最終更新:4/16(日) 10:00

Web東奥