ここから本文です

神木隆之介&上川隆也&向井理ら豪華ゲスト!昼ドラ「やすらぎの郷」

cinemacafe.net 4/17(月) 7:30配信

脚本家・倉本聰氏とテレビ朝日がタッグを組み新枠でスタートしたシニア向け帯ドラマ劇場・第1弾「やすらぎの郷」。石坂浩二が主役を演じ、浅丘ルリ子、加賀まりこらが集結することでも話題の本ドラマに、豪華ゲスト俳優の出演が決定。片岡鶴太郎、上川隆也、神木隆之介、清野菜名、津川雅彦、冨士眞奈美、向井理ほか、名優たちが続々と登場する。

【写真】神木隆之介ほかゲスト

物語の舞台は「やすらぎの郷 La Strada」(=イタリア語で“道”)という名の、かつて映画やテレビなどで活躍した俳優、監督、脚本家らだけが入所できる老人ホーム。国民的ドラマを手掛けた脚本家・菊村は同所に入所し、往年のスターたちと再会するのだが…。ホームで起こる悲喜こもごもを通じ、死への恐怖や家族への想い、老いの寂しさ、芸術への未練などを描き出していく。

主役の石坂さんをはじめ、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、野際陽子、藤竜也、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭、常盤貴子、草刈民代、松岡茉優らが顔をそろえ、奇跡的なキャストの集結でも話題を呼んでいる本作。「北の国から」の脚本家・倉本聰がシニア世代に向けの昼ドラマとして執筆し、初回視聴率は8.7%(関東ビデオリサーチ調べ)と好発進を切った。

この度、本作の中込卓也プロデューサーコメントが「まさに、倉本ドラマだからこそ実現した空前絶後のキャスティング!」と絶賛する豪華ゲスト俳優陣が発表。片岡鶴太郎、上川隆也、神木隆之介、清野菜名、津川雅彦、冨士眞奈美、向井理、さらに織本順吉、上條恒彦、きたろう、佐々木すみ江、品川徹、柴俊夫、毒蝮三太夫、布施博、村田雄浩といったそうそうたる顔ぶれが登場。平穏な「やすらぎの郷」に次々と波乱を巻き起こすという。

倉本作品2度目の出演となる上川さんは「そもそも僕は倉本さんの作品がとても好きで、10代の頃からずっと見てきた者の一人として、どんな形でも作品に関われたことを光栄に思っています」と喜ぶ。同じく倉本作品2度目の神木さんも「再び先生の作品に携わることができて、この上ない幸せを感じております。精一杯頑張ります」と意欲満々の様子。

また注目の若手女優・清野さんは、大ベテランの俳優陣との共演について「最初すごく緊張しましたが、自分の人生の中ですごく貴重な時間を頂いたと思っています。撮影現場ではすべてを吸収するつもりでいます」と頼もしいコメントを寄せ、向井さんは「この作品に出演者として名を刻むことができるのは、大変光栄なことです。現場では諸先輩方から、緊張感だけでなく、柔らかな雰囲気も感じ取らせていただいています」と現場をふり返った。

すでに放送済みの回でも、近藤正臣、小松政夫が出演。伊吹吾郎、倉田保昭が1カットだけ出演するなど、いつ誰がどんな役柄で登場するのか見逃せない本作。名優たちが運んでくる今後のドラマティックな展開をお楽しみに。

「やすらぎの郷」は毎週月~金、12時30分~テレビ朝日にて放送。

最終更新:4/17(月) 7:30

cinemacafe.net