ここから本文です

皐月賞一夜明け、アルアイン陣営「タフな競馬でビックリしました」

netkeiba.com 4/17(月) 16:03配信

 第77回皐月賞を走り終え、優勝したアルアインは翌17日午前2時頃栗東トレセンに帰厩した。

 一夜明けた17日早朝、アルアインは目立った疲れは見せておらず、馬房でゆったりと過ごしていた。担当する音瀬助手によれば「いつものレース後と変わりない様子」とのことだ。

 音瀬助手はゲートに帯同していたため、レース中は移動するバスの中だったこともありどんなレースをしていたのかがわからなかった。バスから降りてようやく、アルアインの名前が呼ばれている事や、松山騎手が最後に引き上げてきている様子から優勝を知った。

「あの涙には思わずもらい泣きしちゃいますね」

 松山騎手同様、音瀬助手もこれが初のJRA・GI制覇となった。

「これまでも何度もいい馬を担当させてもらいましたし、いい競馬が出来たらと思っていました。やるからには勝つつもりでやらせてもらっています。勝ててよかったです」

 レースは厩舎に引き上げてきた後にスマートフォンで見たそうだ。

「タフな競馬でしたね。ビックリしました。使うごとに良くなっています」

 次走は日本ダービー。僚馬である皐月賞2着のペルシアンナイト、毎日杯2着のサトノアーサーらとともに挑む。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:4/17(月) 16:21

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ