ここから本文です

スナーキー・パピーの来日公演がBLUE NOTE TOKYOにて開催中

CDジャーナル 4/17(月) 19:16配信

 昨年リリースした『クルチャ・ヴァルチャ』が2017年度〈グラミー賞〉“ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム”に輝いたスーパー・ユニット、スナーキー・パピー(SNARKY PUPPY)の来日公演が4月18日(火)まで東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて開催中。16日に行なわれた公演初日の様子とリーダー、マイケル・リーグのメッセージがYouTubeなどで公開されています。

 3年連続の〈グラミー賞〉受賞となったスナーキー・パピーは、2004年にベース奏者のマイケル・リーグを中心にテキサスで結成。現在は米ブルックリンNYを拠点に活動し、各メンバーのソロ活動やプロデュースワークも話題を集めています。今回の来日メンバーにはロイ・ハーグローヴのRHファクターでもおなじみの重鎮キーボード奏者ボビー・スパークス、そしてドラマーのジェイソン“JT”トーマス、各方面からひっぱりだこのパーカッション奏者・小川慶太ら、選りすぐりの精鋭たちが含まれています。

最終更新:4/17(月) 19:16

CDジャーナル