ここから本文です

NHK、まったく新しいサッカー中継 カメラが「キーパーだけ」追跡に絶賛の声!

J-CASTニュース 4/17(月) 19:46配信

 サッカーの中継といえば、ボールの保持者を中心とした俯瞰で伝えるのが「一般的」だ。

 そんな「常識」を、NHKがぶち壊してしまった――。

■キーパーの視点中心に画面4分割

 話題となっているのは、2017年4月16日に開催されたJリーグ・FC東京と浦和レッズの1戦。この試合を放送したNHK(BS1)はなんと、

  「徹底マーク!ゴールキーパー」

と題し、ゴールキーパー(GK)の視点を中心とした中継を行なった。

 放送画面は4分割と、普段なじみのないスタイル。ゴール裏からのGKの視点を中心とした試合映像(左上)、GKを正面から専用カメラでとらえた映像(右上)、GKとディフェンスのラインのトラッキングデータ(左下)、GKに関する豆知識や視聴者からの関連ツイート(右下)――を伝えた。

 中継は、「GK愛」にあふれていた。ゴール付近での攻防時には、味方選手へのGKの指示を音声マイクで拾って紹介、試合のハイライトもGKにスポットを当てて振り返った。

 解説も、元サッカー日本代表GKの小島伸幸氏らによるGK中心の熱い解説が繰りひろげられる。試合後には、両チームのGKである西川周作選手(浦和)と林彰洋選手(FC東京)にインタビューを敢行するほどの徹底ぶりだ。

 番組サイトでは、

  「PKストップやスーパーセーブ、時にチームを勝利に導くヒーローとして注目を集めるゴールキーパー。しかし、サッカー中継のなかで、その姿が映ることはほとんどありません。ところが試合中の選手の動きを記録したトラッキングデータを見てみると、J1のキーパーは試合中5~6kmほどの距離を移動していることがわかります。彼らはいつ、何のために動いているのでしょうか?」

といった疑問を投げかけており、その答えが今回の中継となったわけだ。

「ゴール裏で見てる気分」

 今回の「異例すぎる」サッカー中継に、ツイッターでは、

  「新たなサッカーの見方を提示してくれたNHKと解説陣に感謝」
  「見てておもしろかった! ゴール裏で見てる気分!」
  「分かりやすい解説と、ひたすらGKのみを追うカメラ、控えめに言って最高でした」

と賞賛の声が多数上がった。

 なかには、

  「これまでGKはどれだけ魂込めてスーパーセーブしても『ニュースのハイライトでカット』『ミスした時だけ大きく取り上げられボロカス叩かれる』て扱いだった。そんなGKにGK専用カメラ放送で光が...。泣きそう」

と感極まるユーザーもいた。

 なお、試合は1対0で浦和がFC東京を下した。

最終更新:4/18(火) 12:56

J-CASTニュース