ここから本文です

国分太一、過ぎるリップサービスに関係者大慌て メダリストに「ラケットください」

夕刊フジ 4/17(月) 16:56配信

 【芸能ニュース舞台裏】

 冬季五輪の取材経験があるアイドルグループ、TOKIOの国分太一(42)は五輪関連イベントで「本人はリップサービス。でもサービスが過ぎる」と関係者を慌てさせた。

 「イベント会場が東京の上野だったので、若い頃に上野にTOKIOの山口達也と一緒に革ジャンを買いに来たとき、山口が自衛隊に勧誘されたという話で笑いを取りました。そこまではよかったのですが」と一息つき続ける。

 「テニスプレーヤーの錦織圭選手からラケットをもらったと明かした。さらにイベントに出演していたパラリンピックの車椅子テニスのメダリストに『ラケットください。本気です』ってねだったんです。相手は『使ってもらえるなら』と応じていましたけど、彼はTBSの情報番組『ビビット』でメーンキャスターを務めているわけですからね。ちょっとねぇ」

 芸能人であっても、キャスターのモラルは必要だ。 (業界ウォッチャーX)

最終更新:4/17(月) 16:56

夕刊フジ