ここから本文です

【皐月賞】アルアインの一口馬主の山本昌氏 勝った瞬間跳びはね大興奮

4/17(月) 6:03配信

デイリースポーツ

 「皐月賞・G1」(16日、中山)

 単勝9番人気の伏兵アルアインが混戦の牡馬クラシック第1冠を奪取した。神戸市出身でデビュー9年目の松山弘平騎手(27)=栗東・フリー=は悲願の中央G1初勝利をあげた。

【写真】武豊とツーショット!栗東初訪問の山本昌氏

 元中日投手で野球評論家、スポーツコメンテーターとして活躍する山本昌氏(51)はアルアインの一口馬主。中山競馬場で“愛馬”の優勝を目の当たりにして興奮し、馬場内に駆け下りてきて関係者と喜びを分かち合った。

 「坂の手前でイケると思いました。勝った瞬間は跳びはねていた。一口馬主となって3年目。毎日杯が初重賞勝ちでクラシック初出走での優勝です。本当、いい思いをさせてもらいました」と大感激の様子だ。

 ちなみに馬券は単複を1万円ずつ買っていたそうだ。「応援馬券です。ハズれたら記念に取っておくつもりでした」と話す。一口(250万円)購入した馬に、最高のプレゼントをもらった。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ