ここから本文です

コンテ、マンチェスター・Uに敗戦でチームの情熱不足を指摘…「優勝争いは五分五分」

GOAL 4/17(月) 14:01配信

チェルシーのコンテが優勝争いは五分の戦いであるという見解を示した。『スカイスポーツ』が報じている。

チェルシーは16日、プレミアリーグ第33節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し0-2で敗れた。勝ち点75を集め、依然として首位を走るチェルシーだが、前日に行われた試合で2位トッテナムが勝利を収めたため、勝ち点差は4に縮まった。コンテ監督は優勝の行方について以下のようなコメントを残した。

「最近2敗を喫したが、内容は大きく異なる。クリスタル・パレス戦では勝利に値する戦いを見せたが、今日は敗戦が妥当だった。あと6試合が残されている。オープンな状況だ。我々が優勝する確率は50%だと思っている。プレッシャーは特別大きいわけではないが感じている。タイトル争いをできないよりはプレッシャーがある方が良い。幸運なことに我々はプレッシャーを感じている。昨シーズンは10位で緊張とは無縁だったね。優勝は我々の大きな目標だ。達成するのはもの凄いことだというのを皆が理解してモチベーション高く戦っていく必要がある。我々が有利なポジションにいるが、トッテナムは調子が良く、情熱を持って素晴らしいプレーを見せている。我々も熱い気持ちを持たなければならない」

トッテナムが7連勝を飾るなど、チェルシーは急激な追い上げを受けている。残り6試合チェルシーはどのような戦いを見せるだろうか。

GOAL

最終更新:4/17(月) 14:01

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合