ここから本文です

次世代物流サービス「ロボネコヤマト」、4月17日より藤沢市で実用実験を開始

レスポンス 4/17(月) 13:30配信

DeNAとヤマト運輸は、神奈川県藤沢市の限定エリアにて、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を4月17日から開始すると発表した。

[関連写真]

今回の実用実験は、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアにて、保管ボックスを設置した専用EV車両を使用して2018年3月31日まで実施。オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と買物代行サービス「ロボネコストア」を対象エリアの住民に体験してもらう。

ロボネコデリバリーは、希望する時間に、希望する場所で荷物を受取ることができる配送サービス。配送時間は10分刻みで選択可能で、最寄駅や会社など、対象エリア内であれば、自宅以外の場所でも受取りができる。冷凍・冷蔵品にも対応し、荷物の到着予定時刻の3分前には、スマートフォン等に自動音声で到着を知らせる。

ロボネコストアは、インターネット上の仮想モールから対象店舗の商品を一括購入できるサービス。今回の実用実験では、地元商店の商品を自宅や外出先にいながらまとめて注文・受取りできる。冷蔵・冷凍品にも対応し、荷物の到着予定時刻は、スマートフォンからリアルタイムで確認できる。

今回の実用実験は、将来の自動運転社会を想定したものだが、原則としてはドライバーによる有人運転を行う。ドライバーは荷物の発送・受取りに関与せず、両サービスともに、指定場所に到着した荷物は、顧客自身で車両の保管ボックスを開けて取出す。体験をしてもらう中で、サービス受容性の検証や、サービス利用時の細かな要望収集を行う。

なお、2018年を目処に、一部の配送区間における自動運転の導入を予定している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:4/17(月) 13:30

レスポンス