ここから本文です

朴前大統領を起訴へ=選挙運動開始に合わせ捜査終結―韓国検察

時事通信 4/17(月) 9:07配信

 【ソウル時事】韓国の朴槿恵前大統領(65)が同国最大の財閥サムスングループからの収賄などの疑いで逮捕された事件で、検察特別捜査本部は17日午後、朴容疑者を起訴する見通しだ。

 昨年10月に発覚し、朴容疑者の罷免・逮捕に発展した一連の疑惑の捜査はこれで終結する。

 朴容疑者の罷免に伴い、5月9日に行われる大統領選への影響を抑えるため、17日の正式な選挙運動開始に合わせて起訴に踏み切り、捜査を終える。

 朴容疑者は親友の崔順実被告と共謀し、サムスンの事実上のトップ、サムスン電子副会長の李在鎔被告の経営権確立に協力する見返りとして、約298億ウォン(約28億円)、約束した分を含めれば総額433億ウォン(約41億円)の賄賂を受け取った疑いなどを持たれている。

 検察は3月31日に朴容疑者を逮捕。朴容疑者が収容されているソウル郊外の拘置所に検事らを派遣し、5回にわたり取り調べを行った。朴容疑者は「不正な利益は得ていない」と容疑を全面否認したとみられている。 

最終更新:4/17(月) 11:01

時事通信