ここから本文です

セビージャがスコアレスドロー、アダムス新監督のグラナダは完敗/リーガ

ISM 4/17(月) 12:27配信

 リーガ・エスパニョーラは現地時間16日に第32節の4試合が行なわれ、4位セビージャは敵地で12位バレンシアとスコアレスドロー。乾貴士所属の7位エイバルはアウェイで15位ベティスに0対2と敗れた。

 敵地に乗り込んだセビージャは、14分という早い時間にビトロが負傷交代。交代で入ったヨヴェティッチがポストを叩くシュートを放つなど、相手ゴールに迫るシーンもあったが、最後までゴールを奪うことができなかった。

 セビージャはこれで直近のリーグ戦7試合で1勝と結果が出ず。6週間前にはレアル・マドリーやバルセロナと優勝争いを演じていたが、終盤戦で大ブレーキ。勝ち点62の4位で、3位アトレティコ・マドリーとの差が3に広がった。

 エイバルは開始2分で先制されると、後半頭から乾を投入するも得点を奪えず。逆に89分に追加点を許して敗れた。2日前に勝利したアスレティック・ビルバオに抜かれ、8位に転落している。

 そのほか、現役時代アーセナル(イングランド)やイングランド代表で活躍したアダムス氏が新指揮官に就任した19位グラナダは、10位セルタに0対3で完敗。17位レガネスは9位エスパニョールに0対1と敗れた。

 デビュー戦を勝利で飾ることができなかったアダムス監督は、「ここにいるみんなが傷ついている」「メンタリティを変え、自信を取り戻すことは難しいことだ。しかし、トライし続ける。サポーターは幸せではないと思うし、私もオーナーもそうだ。しかし、タオルを投げることはしない」と、最後まで諦めずにに戦い抜くと語った。(STATS-AP)

最終更新:4/17(月) 12:30

ISM

スポーツナビ サッカー情報