ここから本文です

<コウノトリ>ペアが産卵 ヒナ誕生に期待 福井

毎日新聞 4/17(月) 9:46配信

 福井県は16日、越前市白山地区で飼育している国の特別天然記念物・コウノトリのペアが卵1個を産んだと発表した。ペアは2011年12月に兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)から借り受けたふっくん(雄、19歳)とさっちゃん(雌、18歳)。昨年までに県内で17個産んだがふ化したことはない。

 16日午前8時25分ごろ、飼育員が飼育ケージ内の巣で発見した。監視カメラの映像から同日午前0時40分ごろに産卵したと推定される。有精卵の場合、早ければ5月下旬にふ化する見込み。県自然環境課の担当者は「今年こそヒナが誕生してほしい」と期待している。【近藤諭】

最終更新:4/17(月) 9:46

毎日新聞