ここから本文です

ミランDFデシリオの去就は? ユーヴェが引き続き強い関心

4/17(月) 16:48配信

ISM

 ミラン(イタリア)DFマッティア・デシリオの去就を巡る報道が、再び騒がしくなりそうだ。伊サイト『calciomercato.com』が現地時間16日(以下現地時間)に伝えている。

 現行の契約が2018年までとなっているデシリオ。ミランは13日に中国系グループへのクラブ売却が完了しており、選手は自身の去就について、新オーナー陣からの回答を望んでいる状況だという。

 24歳のイタリア代表DFには、かねてより多くのクラブが関心を寄せており、なかでもイタリア王者ユヴェントスが強い興味を示している。同チームを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、33歳のDFステファン・リヒトシュタイナーの代役にと、数年にわたってデシリオの獲得を希望している。

 しかし、デシリオ本人は、ユーヴェ移籍について、出場機会の減少を懸念しているともいわれている。先日の「ミラノ・ダービー」では主将を務めていた下部組織出身の同選手はいずれにせよ、ミランとの契約交渉がうまくいかなかった場合のみ、クラブを離れる考えのようだ。

最終更新:4/17(月) 16:48
ISM

スポーツナビ サッカー情報