ここから本文です

ONKYOからDTS:XやDolby Atmos、ハイレゾ音源再生に対応したAVレシーバー2モデルが新発売

4/17(月) 19:16配信

CDジャーナル

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社が、5.2.2ch環境でのDTS:XやDolby Atmos再生のほか、ハイレゾ音源再生のやネットワークオーディオにも対応したAVレシーバー「TX-NR676E」(90,000円)と「TX-RZ820」(128,000円)の2モデルを4月下旬に「ONKYO」ブランドから新発売。

 両モデルは、ともにBlu-rayディスクなどに採用されているDTS:XやDolby Atmos再生に対応しており、オブジェクトオーディオ用に設置されたスピーカーシステムと接続して最新の立体音響を楽しめます。厳選された大型電源トランスや大容量コンデンサーの採用により瞬時電流供給能力を高め、スピーカーユニットを力強く駆動すると共に10Hz~100kHzの広帯域にわたる再生周波数特性を実現。384kHz / 32bitのハイグレードDACの搭載でWAV / FLAC / DSDなどのハイレゾ音源も高品位に再生します。独自開発のフィルター回路「VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)」を搭載(「TX-NR676E」はフロントL/R、「TX-RZ820」は7ch)し、「TX-NR676E」では2ch再生の空間表現力を、また「TX-RZ820」ではマルチチャンネル再生の空間表現力を向上させています。全HDMI端子がHDCP2.2に準拠しており、背面6系統のHDMI端子から対応機器や対応TVへと接続して次世代の高画質ソースを楽しめるほか、Wi-FiやBluetoothにも対応し、様々な音源のワイヤレス再生が可能です。

最終更新:4/17(月) 19:16
CDジャーナル