ここから本文です

ファーウェイがHPC向けサーバを発表、Intel OPAを採用

MONOist 4/17(月) 10:55配信

 中国の華為技術(ファーウェイ)は2017年3月21日(独現地時間)、米Intelとの協業により、OPAブレード・コンピューティング製品を発表した。同社の「FusionServer E9000コンバージド・アーキテクチャ・ブレード・サーバ(FusionServer E9000)」をベースとし、「Intel Omni-Pathアーキテクチャ」を採用。高性能・高効率なハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)を実現した。

 FusionServer E9000は、コンピューティング、ストレージ、ネットワークを統合して1つのパッケージに収容。HPCシステムを展開する際のブレード・サーバ基盤として利用されている。

 今回発表されたOPAブレード・コンピューティング製品は、Intel XeonプロセッサE5 v4/E7 v4プロダクト・ファミリーを採用している。シングルポートで最大100Gbpsの帯域幅と、エラー検出を含め110nsの低遅延、またIntel OPAにより単一システムで8Tbpsのデータ伝送能力が可能になった。これにより、HPCクラスタの相互接続性能が改善され、HPCアプリケーションの効率的な運用をサポートする。

最終更新:4/17(月) 10:55

MONOist