ここから本文です

日経平均、午前の終値は57円安 イースターで取引低調

朝日新聞デジタル 4/17(月) 11:49配信

 17日の東京株式市場で、日経平均株価は値下がりしている。午後1時時点の株価は、前週末の終値より11円90銭安い1万8323円73銭、東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同3・32ポイント高い1462・39だった。

 午前の終値は同57円45銭(0・31%)安い1万8278円18銭。TOPIXは同0・14ポイント(0・01%)低い1458・93。午前の出来高は7億3千万株。

 外国為替市場が円高に振れたことに加え、欧米のイースター休暇で海外投資家の動きが鈍く、低調な取引となっている。北朝鮮情勢の不透明さもあり、市場では「週末のミサイル発射失敗で緊張状態は続き、取引を控える動きが強い」(大手証券)との声が出ている。

朝日新聞社

最終更新:4/17(月) 13:25

朝日新聞デジタル