ここから本文です

五反田・目黒川に花いかだ出現 桜吹雪舞い散る /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 4/17(月) 12:49配信

 4月14日、五反田駅近くの目黒川の水面に、散った桜の花びらが浮かぶ「花いかだ」が出現した。撮影場所は、五反田駅近くのふれあいK字橋と五反田ふれあい水辺広場付近。(品川経済新聞)

ふれあいK字橋からみた目黒川の「花いかだ」

 目黒川は、世田谷区から目黒区、品川区を流れて東京湾に注ぐ河川。目黒川沿いは、毎年花見の見物客でにぎわっている。

 品川区によると、区内の目黒川沿いの桜の本数は547本。魅力ある品川の風景として「しながわ百景」にも選ばれている。

 しながわ観光協会が設定した「しながわ桜MAP」で、目黒川流域の花見スポットは21カ所。五反田駅近くの「五反田三菱東京UFJ銀行脇」から始まり、大崎の「居木橋」、新馬場駅近くの「東海橋」、「東品川海上公園」などを掲載する。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/17(月) 12:49

みんなの経済新聞ネットワーク