ここから本文です

バルセロナ移籍寸前だったX・アロンソ、破談になったのは「ブスケッツが現れたから」

GOAL 4/17(月) 23:45配信

バイエルン・ミュンヘンMFシャビ・アロンソがスペイン『エル・パイス』とのインタビューに応じ、2009年にバルセロナに移籍する可能性があったことを明かした。

2009年にリヴァプールからレアル・マドリーに加わったX・アロンソだが、その直前にバルセロナに移籍する可能性があったという。当時のバルセロナ指揮官ジョゼップ・グアルディオラ監督が、獲得を望んでいたとのことだ。

「あの夏、リヴァプールは僕を売却することを望み、ラファ(・ベニテス氏、当時のリヴァプール監督)とペップの間で話し合いがあったんだよ」

しかしながら、バルセロナは結局X・アロンソを獲得しなかった。同選手はその理由を、バイエルンで指導を受けたグアルディオラ監督本人から説明されたという。何よりも大きかったのは、MFセルジ・ブスケッツの台頭であったようだ。

「ペップがドイツで語ってくれたことだけど、彼はラファに対して、自分という選手を好んでいることと、自チームのプレースタイルに合致することを伝えていた。だけど、そこでブスケッツというじつに見事な選手が姿を現したんだ」

「ペップは彼に賭けることにしたが、間違いではなかった。バルセロナにとって、本当に素晴らしい選手となったのだから」

GOAL

最終更新:4/17(月) 23:45

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合