ここから本文です

交通事故死1000人超す=最も遅いペース―警察庁

時事通信 4/17(月) 11:37配信

 警察庁は17日、今年の交通事故による死者が16日に1000人を超え、1003人になったと発表した。

 1000人台になった日は、統計が残る1970年以降で最も遅いペースだった昨年より、さらに9日遅い。

 都道府県別では愛知が54人で最も多く、埼玉53人、兵庫48人と続いた。少なかったのは秋田4人、徳島と佐賀の7人などだった。 

最終更新:4/17(月) 12:13

時事通信