ここから本文です

エイバル、一時帰国していた乾が後半から出場も…0-2でベティスに敗れる/リーガ第32節

GOAL 4/17(月) 3:21配信

リーガエスパニョーラ第32節 ベティス 2-0 エイバル

■得点者
ベティス:ジョナス・マルティン(2分)、セバジョス(90分)

16日のリーガエスパニョーラ第32節、エイバルは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦を0-2で落とした。MF乾貴士は後半から出場を果たしている。

スペイン国王の来日に際して一時帰国していた乾が、ようやく復帰を果たしたエイバル。メンディリバル監督はこの日本人MFをベンチに置き、同選手不在の2試合で代わりに左サイドハーフを務めたべべを引き続きスタメンとしている。

エイバルは開始直後の2分に失点。ラファ・ナバーロのクロスからジョナス・マルティンにヘディングシュートを決められた。エイバルはその後ボールこそ保持するものの、単調な攻撃に終始して決定機を生むには至らない。するとメンディリバル監督は前半終了間際に乾にウォームアップを指示。ハーフタイムにべべを下げて、日本人MFをピッチに立たせた。

後半、勢いを増したいエイバルだったが、5バックを敷くベティスを前に攻めあぐねる状況が続き、乾も存在感を発揮できない。それでも70分、乾を起点に一度決定機を迎える。ペナルティーエリア手前の乾がルーズボールを右足ダイレクトで叩くと、エリア内のガルベスがこのボールをトラップしてシュート。だが、これはGKアダンの好守に阻まれた。

乾はさらに80分、左サイドからマイナスのクロスを送ってチャンスを創出。だがフリーとなっていたペドロ・レオンはこのボールに合わせることができず、同点に追いつくことはかなわなかった。エイバルはその後前のめりになって攻撃を仕掛けたが、90分に速攻からセバジョスの追加点を許して、結局2点差で試合終了を迎えている。

連勝が3でストップしたエイバルは8位に後退。メンディリバル監督は先に欧州カップ出場が目標であることを公言したが、ヨーロッパリーグ出場圏の6位に位置するアスレティック・ビルバオとは勝ち点3差をつけられている。

GOAL

最終更新:4/17(月) 3:22

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合